にんじん 人参 Carrot

  • にんじん

    にんじん

  • 向陽2号

    向陽2号

  • ひとみ五寸

    ひとみ五寸

  • 愛紅

    愛紅

  • 千浜五寸

    千浜五寸

  • Drカロテン

    Drカロテン

  • パープルスティック

    パープルスティック

  • 紅奏

    紅奏

  • べによし

    べによし

  • ミニキャロット

    ミニキャロット

  • スノースティック

    スノースティック

  • 島にんじん

    島にんじん

  • 子安三寸

    子安三寸

  • 彩誉

    彩誉

  • 大塚にんじん

    大塚にんじん

  • 京くれない

    京くれない

  • 金時人参

    金時人参

  • 紫にんじん

    紫にんじん

  • 金美人参

    金美人参

  • 黒田五寸

    黒田五寸

  • 黒にんじん

    黒にんじん

  • カラーにんじん

    カラーにんじん

  • にんじん(収穫前)

    にんじん(収穫前)

  • にんじん(葉)

    にんじん(葉)

  • にんじん(葉)

    にんじん(葉)

  • にんじん(葉)

    にんじん(葉)

  • にんじん(栽培風景)

    にんじん(栽培風景)

基礎データ DATA

ニンジンの旬(出回り時期)

※これはニンジンの出回り量の割合をグラフ化したものです。農林水産省統計 年間卸売総量(2015年)を参考にしています

ニンジンの概要

にんじん(収穫前) ニンジンの畑

にんじんはカレーやシチュー、煮物、サラダ、洋食の添え物などさまざまな料理に使え、常備しておきたい野菜のひとつです。かつては子供が嫌いな野菜として名前があがっていましたが、にんじん特有のにおいや風味を抑えた品種が増えたことで、好きな野菜として名前があがるようになりました。

にんじんを大きく分けると「三寸」や「五寸」などを代表とする「西洋系」と、京都の「金時(京にんじん)」や沖縄の「島にんじん」を代表とする「東洋系」の2種類に分類されます。国内で一般的に流通しているのは西洋系のにんじんで、東洋系は普段あまり目にすることはありません。

ニンジンの歴史

ニンジンの葉 ニンジンの葉

にんじんの原産地は中央アジアのアフガニスタンで、現在のアフガニスタンに横たわる山脈「ヒンドゥークシュ(ヒンズークシ)」山麓で栽培されたのが始まりと考えられています。古代ギリシャでは薬用として栽培されていたようで、その頃のにんじんは根が枝分かれした刺激の強いものだったそうです。円錐形のにんじんは10世紀頃に現在のトルコ西部辺りで誕生したと推定され、12~15世紀頃ヨーロッパに広がりました。現在のようなオレンジ色のにんじんは17~18世紀頃にオランダで作り出されたものです。

東洋系にんじんは12~13世紀頃に中国に伝わり、改良されて日本にも伝わりました。伝来時期は定かではありませんが、日本では「新刊多識編」(1631年)に「胡蘿蔔(セリニンジン)」と記されていますので、少なくともその頃には伝わっていたと考えられます。

現在主流の西洋系にんじんが日本にもたらされたのは江戸時代後期になってから。その頃に現在と同じ西洋系にんじんが伝わり、それが明治時代以降に普及しました。

ニンジンの見分け方(選び方)

見分け方

全体がなめらかなオレンジ色で皮に張りのあるもの。肩の部分が緑がかったものは避けたほうがよいでしょう。葉の切り口の軸は小さいほうが果肉がやわらかい傾向にあります。切り口の軸が太いと芯の部分が太く果肉もかたい可能性があります。

ニンジンの保存方法

葉はすぐに切り落とす

冬は新聞紙などに包んで冷暗所で保存します。春~秋は新聞紙で1本ずつ包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。にんじんは水気があると傷みやすいので、表面の水気をふきとってから保存しましょう。

葉付きのものはすぐに葉をカットします。そのままにしておくとにんじんの栄養が葉に奪われ、味が落ちてしまいます。葉を食べる場合はなるべく早く調理しましょう。

ニンジンの食べ方

カレー、シチュー、煮物、炒め物、サラダ、漬け物、スープ、ジュース、ケーキなど

にんじんは皮の部分に栄養が詰まっているといわれます。食感が気にならないなら、しっかり洗って皮ごと調理するとよいでしょう。

ニンジンの栄養と効能

皮むき/ゆで:βカロテン当量(8600mcg)、カリウム (240mg)

期待される効能

風邪予防、がん予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防

にんじんはβカロテンを多く含む野菜として有名です。βカロテンは免疫力を高める効果や抗酸化作用があり、がんや生活習慣病の予防によいといわれています。βカロテンは体内でビタミンA(レチノール)に変換され、粘膜の健康維持や視力の保持などに有効とされます。βカロテンは皮の近くに多く含まれているので、皮をできるだけ薄くむくか、よく洗って皮ごと調理するのがおすすめです。

赤い人参には、トマトにも含まれる「リコピン」が含まれています。リコピンには抗酸化作用があるので、がん予防やアンチエイジングに効果が期待できます。

ニンジンの種類

五寸ニンジン

五寸ニンジン

店頭に出回っている一般的なにんじんがこの五寸にんじん。オレンジ色でβカロテンが多く、サイズは15〜20cmと名前のように五寸(約15.2cm)に近い大きさです。以前は独特の香りが強かったのですが、最近は改良によりにおいが少なく食べやすい品種が増えました。品種には「向陽2号」や「ひとみ五寸」などがあります。

金時

金時

「京にんじん」とも呼ばれる濃赤色の長細いにんじんです。長さは30cm程度。果肉がやわらかく甘味があり、独特の風味があります。日本ではあまり出回らない「東洋系」にんじんの代表品種で、関西ではおもに正月料理に使われます。香川県や岡山県などで栽培されていて、出回るのは11月〜3月頃。

ミニキャロット

ミニキャロット

ミニキャロットはサイズが10cmくらい、直径は1〜1.5cmほどの小さなにんじんです。甘味が強く果肉もやわらかいので生でも食べられます。また、皮が薄いのでむかなくてもOK。サラダや料理の付け合わせにおすすめです。「ベビーキャロット」や「ピッコロ」などの品種もあります。

紫にんじん

紫にんじん

果皮が紫色でアントシアニンを含んでいます。品種としては、果皮が紫で中がオレンジ色の「パープルスティック」や、果肉も紫色で中心部だけ黄〜オレンジになる「パープルパープル」などがあります。どちらも糖度が高く、サラダや野菜スティックとして生食することも可能です。

黄にんじん

黄にんじん

沖縄で栽培されている「島にんじん」は、ごぼうのように細長く繊維も多め。きんぴらや炒め物に向いています。「金美(きんび)」は中国系のにんじんを掛け合わせて誕生した品種で、普通のにんじんと形が似ていますが皮も果肉も黄色です。肉質はやわらかく、甘味もあり食べやすいのが特徴。生食が可能で、加熱してもきれいな黄色を保ちます。

各地の年間収穫量 にんじん

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

出典:農林水産省統計

2013年のにんじんの出荷量のうち最も多いのは北海道で、約16万1,400トンを出荷しています。2位は約10万1,200トンを出荷している千葉県、3位は約4万7,900トンを出荷している徳島県です。

栽培面積・収穫量の推移

出典:農林水産省統計

2013年のにんじんの栽培面積は約1万8,500ヘクタール。収穫量は約60万3,900トンで、出荷量は約53万5,900トンです。

ニンジンの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

ニンジンは6か国から輸入されています。輸入先トップは中国で輸入量は約6万4,382トン、全体の80%以上を占めています。2位はベトナムの約3,213トンで全体の約4%程度です。3位は台湾の約2,911トン。4位は約2,090トンのニュージーランドと続きます。

年別輸出入量

出典:財務省統計

ニンジンは海外から輸入されています。2014年の輸入量は約7万3,580トンで輸入額は約35億171万円です。輸入量は前年と比べると9,301トン(約11%)減少しています。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2013年)

ニンジン&かぶ生産の上位5か国は、中国、ウズベキスタン、ロシア、アメリカ、ウクライナです。1位の中国の生産量は年間約1,682万9,000トンで全体の約45%を占めています。2位のウズベキスタンは年間約164万1,882トンで全体の約4%、3位のロシアは年間約160万4,656トンで全体の約4%です。

野菜写真

ニンジンの写真

野菜写真

ニンジンの写真はこちらのページでも見られます。現在ニンジンの写真を174枚掲載中です

野菜コラム

関連コラム その2
野菜の切り方「細切り」

野菜の切り方「細切り」

関連コラム その3
野菜の切り方「乱切り」

野菜の切り方「乱切り」

関連コラム その5
野菜の切り方「みじん切り」

野菜の切り方「みじん切り」

関連コラム その6
野菜の切り方「拍子木切り」

野菜の切り方「拍子木切り」

関連コラム その7
野菜の切り方「短冊切り」

野菜の切り方「短冊切り」

関連コラム その9
野菜の切り方「半月切り」

野菜の切り方「半月切り」

関連コラム その10
野菜の切り方「輪切り」

野菜の切り方「輪切り」

関連コラム その11
野菜の切り方「薄切り」

野菜の切り方「薄切り」

関連コラム その12
にんじんの保存方法

にんじんの保存方法

野菜コラム

にんじんなど、いろいろな野菜に関するコラムです。野菜コラムのトップページはこちら