こどもピーマン ピーマン パプリカ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • こどもピーマン

    こどもピーマン

基礎データ DATA

  • 生い立ち:2010年(平成22年)にタキイ種苗が発表

こどもピーマンの特徴

こどもピーマン

ピーマンは子どもが苦手な野菜として挙げられるものの1つですが、「こどもピーマン」は苦味や青臭さが少なく、ほんのり甘味があって子どもでも食べやすいのが特徴です。正式には「ピー太郎」という品種名で、タキイ種苗が育成して2010年(平成22年)に発表しました。

長さ10cmほどの細長い形をしていて、サイズは40g程度と小ぶり。色は光沢のあるグリーンで、凹凸のないつるんとした長円錐形をしています。小さい割に肉厚で、水分が多くみずみずしい食感です。

もともとは、「ハラペーニョ(ハラペノ)」というメキシコの激辛品種を育成していたところ、偶然、辛味のない個体が見つかり、そこからこどもピーマンが誕生したとのこと。そのため、こどもピーマンの外観はハラペーニョに似ていますが、辛味はまったくありません。

なお、こどもピーマンは成熟直前になると表皮に白いヒビが少し入るのが特徴です。それが甘味が増したという合図になり、その頃が収穫適期とされます。

こどもピーマンの選び方(見分け方)

色鮮やかで皮にツヤがあり、張りと弾力を感じるものが良品です。こどもピーマンは糖度が増すと、表面にヒビのような小さな白い線が見られるので、この点もチェックしましょう。

こどもピーマンの保存方法

表面に水滴がついていないかを確認し、キッチンペーパーや新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。こどもピーマンは日持ちはよいほうですが、5日くらいで使うようにしましょう。

こどもピーマンの食べ方

こどもピーマンは炒め物や揚げ物、煮物はもちろん、生のままサラダにしてもおいしく食べられます。苦味に敏感な子供に食べさせる場合は、肉詰めや天ぷらなどにすると、甘味が感じられて食べやすくなります。

こどもピーマンの旬(出回り時期)

こどもピーマンが多く出回るのは初夏から秋にかけてです。

関連リンク 野菜ブログ

こどもピーマン(ピー太郎)

苦味の少なさが特徴の「こどもピーマン」を購入しました。これはタキイ種苗の品種で、正式名称は「ピー太郎」。子……続きを読む

野菜写真

こどもピーマンの写真

野菜写真

現在こどもピーマンの写真を3枚掲載中です