ミニオクラ オクラ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ミニオクラ

    ミニオクラ

基礎データ DATA

  • 2~3cmくらいのオクラの幼果

ミニオクラの特徴

ミニオクラ

「ミニオクラ」は、大きくなる前に収穫したオクラの幼果のこと。長さが2~4cm、直径は1cmほどと小さくて、かわいらしい外観をしています。小さくてもオクラ特有のネバネバとした粘り気はしっかりあり、色や味わいは通常のオクラと変わりません。

若いうちに収穫するため、やわらかくて食べやすいのが特徴。火を通してもよいですが、生のまま食べるのにも向きます。ただし、ミニオクラは業務用として使われることが多く、一般的にはあまり流通していません。

ミニオクラの見分け方(選び方)

表面に細かいうぶ毛があり、きれいな緑色をしていて、張りのあるものがよいでしょう。ヘタやさやの先端が傷んでいたり、変色したりしているものは避けます。

ミニオクラの保存方法

涼しい時期は風通しのよい冷暗所で保存し、暑い時期は傷みやすいので冷蔵庫の野菜室へ。乾燥や低温が苦手なので、新聞紙で包んでポリ袋に入れておきます。

長期保存したい場合は冷凍するという方法もあります。さっとゆでてから水気をしっかりふいて冷凍し、1か月くらいを目安に消費しましょう。

ミニオクラの食べ方

ミニオクラ

サイズが小さくて生食に向くミニオクラは、料理の彩りに最適。サラダはもちろん、炒め物や揚げ物のほか、煮物の最後に投入するなど、さまざまな料理に活用できます。

ヘタは、普通のオクラのように少し削ぎますが、やわらかければヘタごと調理してもよいでしょう。

また、同じ粘り気のある食材の納豆や昆布、山芋などと一緒に和え物にしたり、小さな形を活かしてピクルスにてもおいしく食べられます。

ミニオクラの旬(出回り時期)

ミニオクラが多く収穫される時期は、初夏から夏にかけてです。

野菜写真

ミニオクラの写真

野菜写真

現在ミニオクラの写真を4枚掲載中です