三浦大根 ダイコン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 三浦大根

    三浦大根

基礎データ DATA

  • 生い立ち:大正時代に命名

三浦大根の特徴

三浦大根

「三浦大根」は神奈川県の三浦半島で栽培されている大型の白首大根です。中央部から下部にかけてふっくらとしていて、一般的な大根に比べて太くて大きいのが特徴。長さは40~60cm、重さは2~3kgほどになり、大きなものは5kgを超えることもあります。

もうひとつの特徴は、根全体が真っ白な点です。一般的な大根(青首大根)は葉の付け根部分が緑色になりますが、三浦大根は付け根まで白くなります。

食感はやわらかく肉質は緻密。漬け物のほか、煮物やおでんなどに適しています。また、大根おろしにして辛味を楽しむのもおすすめ。水分を多く含んでいるため、みずみずしさが感じられます。

三浦大根は、もともと三浦半島地域で栽培されていた在来種の大根と「練馬大根」の交配で誕生したといわれ、大正時代に三浦大根と名付けられたそうです。

三浦大根の見分け方(選び方)

肌がきれいな白色で張りがあり、ふっくらと太くて重量感のあるものがおすすめです。皮がしなびていたり、変色しているものは避けましょう。

三浦大根の保存方法

葉が付いている場合は切り落とし、新聞紙などに包んで冷暗所で保存します。一度に食べきれない場合は、残った分をラップでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに使いましょう。葉はゆでてからラップに包んで冷凍保存するとよいでしょう。

三浦大根の食べ方

三浦大根は甘酢漬けやなますなどの漬け物のほか、煮崩れしにくいのでおでんや煮物などに使うのがおすすめです。煮物にするとよく味が染みて大根の甘味を味わえます。

また大根おろしにすれば辛味も堪能できます。焼き魚に添えたり、おろしうどんやおろしハンバーグなど、素材の味を引き立てる脇役としても重宝します。

三浦大根の旬(出回り時期)

三浦大根の収穫時期は12月から2月頃ですが、出荷のピークは年末です。

関連リンク 野菜ブログ

三浦大根

ふっくらと大きなこの大根は「三浦大根」です。計量してみると、中心部の直径は約13cmで重さは4.5kgくら……続きを読む

野菜写真

三浦大根の写真

野菜写真

現在三浦大根の写真を3枚掲載中です