マッシュルーム mushroom

  • マッシュルーム

    マッシュルーム

  • ブラウンマッシュルーム

    ブラウンマッシュルーム

  • マッシュルーム

    マッシュルーム

  • ブラウンマッシュルーム

    ブラウンマッシュルーム

基礎データ DATA

マッシュルームの概要

マッシュルーム

コロンとした丸いカサを持つマッシュルームは、欧米では定番のきのこで世界中で食べられています。日本名は「ツクリタケ」、フランス語では「シャンピニオン」といい、フランス料理にもよく使われる素材のひとつです。

マッシュルームは全体が白い「ホワイト種」と全体が茶色い「ブラウン種」があり、日本では白いほうが主流。ただ、ブラウン種のほうが日持ちがよく風味豊かとされます。いずれも肉厚で歯触りがよく、特有の香りと味わいが魅力といえるでしょう。

マッシュルームの歴史

ブラウンマッシュルーム

マッシュルームの原産地はヨーロッパの草原地帯で、1650年頃にはフランスにおいて人工栽培が行われていたそうです。日本へは明治時代に伝わり、大正時代に栽培が本格化。しかし生鮮のマッシュルームは普及せず、ほとんどは缶詰や水煮などに加工されていました。現在は、生のマッシュルームが店頭に並んでいるので、いつでも新鮮なものが手に入ります。

マッシュルームの見分け方(選び方)

見分け方

カサが開いておらず締まっていて、表面がなめらかで肉厚なもの。また軸が太く短めで、カサの裏側のヒダが白いものを選びましょう。鮮度が落ちてくるとカサや軸が変色するのでチェックしてください。

マッシュルームの保存方法

マッシュルームはあまり日持ちしません。保存する場合はラップで包んで冷蔵庫に入れ2~3日以内を目安に使いきりましょう。長期保存したい場合は、スライスしたものを冷凍することも可能です。その際、レモン汁をかけておくと変色を防止できます。

マッシュルームの食べ方

炒め物、スープ、煮物、サラダなど

新鮮なホワイトマッシュルームは生でも食べられます。薄くスライスしてサラダにのせるとよいでしょう。切り口の変色が気になる場合は、カット後にレモンや酢をかけることで防止できます。

マッシュルームの汚れは水洗いよりもフキンなどでふき取るほうが風味を損ないません。表面の汚れが取れない場合は、皮をむくとよいでしょう。カサの裏側のヒダの部分からめくると表面の皮がするするとむけます。

マッシュルームの栄養と効能

生:カリウム(350mg)、食物繊維総量(3.3g)、パントテン酸(1.54mg)

期待される効能

高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、便秘予防

マッシュルームはカリウムの含有量が多めです。カリウムは体内の余分なナトリウムの排出を促進するため、高血圧や動脈硬化などの予防に期待できます。

また整腸作用のある食物繊維や、皮膚や粘膜の維持に役立つパントテン酸も比較的多く含んでいます。

マッシュルームの種類

ホワイト種

ホワイト種

全体が白くてカサの表面がなめらかな小型のきのこ。弾力のある肉質で淡泊な味わいなので、炒め物やサラダ、スープ、シチューなどさまざまな料理に活用できます。スライスして生のまま食べるとシャキッとした歯ごたえが楽しめます。ブラウン種に比べて日持ちはよくありませんが、白色を生かした料理にはこちらがおすすめ。

ブラウン種

ブラウン種

カサが茶色で軸が白いマッシュルーム。ホワイト種に比べて肉質がやや締まり、香りや風味がよいので、炒め物や煮込み料理に適しています。ホワイト種よりもやや日持ちがよく、価格も低めなのが魅力です。

ジャンボマッシュルーム

ジャンボマッシュルーム

直径が7〜10cmほどで、重さが100g以上にもなるマッシュルーム。肉厚で歯ごたえがよく、風味豊かな味わいです。普通のマッシュルームのように使えるほか、大きさを生かして丸ごとステーキにしたり肉詰めなどにしてもよいでしょう。

各地の年間収穫量 マッシュルーム

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

出典:農林水産省統計

2010年のマッシュルームの出荷量のうち最も多いのは千葉県で、約1,689トンを出荷しています。2位は約1,404トンを出荷している岡山県、3位は約520トンを出荷している茨城県です。

栽培面積・収穫量の推移

出典:農林水産省統計

2010年のマッシュルームの栽培面積は約20ヘクタール。収穫量は約4,496トンで、出荷量は約4,359トンです。

マッシュルームの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

マッシュルームはオーストラリア、カナダ、オランダの3か国から輸入されています。オーストラリアからの輸入量は約8.6トンで、全体の約2%程度です。カナダからの輸入量は約2.2トンで、割合はそれほど多くありません。オランダからの輸入量は約240キロです。

年別輸出入量

出典:財務省統計

マッシュルームは海外から輸入されています。2014年の輸入量は約11.1トンで輸入額は約1,737万円です。輸入量は前年と比べると10.1トン(約1025%)増加しています。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2013年)

きのこ類生産の上位5か国は、中国、イタリア、アメリカ、オランダ、ポーランドです。1位の中国の生産量は年間約706万8,102トンで全体の約71%を占めています。2位のイタリアは年間約79万2,000トンで全体の約8%、3位のアメリカは年間約40万6,198トンで全体の約4%です。

野菜写真

マッシュルームの写真

野菜写真

マッシュルームの写真はこちらのページでも見られます。現在マッシュルームの写真を14枚掲載中です

栄養成分表

カルシウムが多い野菜

栄養成分表

カルシウムが多い野菜を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ