カーボロネロ キャベツ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • カーボロネロ

    カーボロネロ

  • カーボロネロ

    カーボロネロ

基礎データ DATA

  • 非結球タイプのキャベツの一種

カーボロネロの特徴

カーボロネロ

「カーボロネロ」はイタリア野菜のひとつで、キャベツの仲間になります。細長い葉が放射状に立ち上がっていく非結球タイプで、普通のキャベツのように丸くなりません。葉が黒っぽい濃緑色をしていることから「黒キャベツ」ともいわれます。

葉の長さは30~50cmほどで、表面が縮れていて細かい凹凸があるのが特徴。また肉厚でややかたく特有の苦味があるため、加熱調理向きの食材です。加熱することで甘みやうまみが出て、深い味わいになります。

一般的な野菜ではありませんが、イタリア料理での使用が増えてきたことから徐々に知られるようになってきました。ちなみに収穫時は株ごとではなく、外側の葉からかき取っていくため、店頭では葉が数枚重なった状態でポリ袋に入って売られていることが多いです。

カーボロネロの見分け方(選び方)

カーボロネロ

葉の色が濃い緑色で、全体に張りがあり、みずみずしさを感じられるものを選びましょう。葉のフチがしなびていたり、切り口が変色したりしているものは避けたほうが無難です。

カーボロネロの保存方法

カーボロネロは葉が乾燥しないようにポリ袋やラップで包んで冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。冬場は新聞紙で包んで冷暗所で保存してもよいでしょう。

カーボロネロの食べ方

カーボロネロ

カーボロネロは葉がかたくて煮崩れしにくいので加熱調理に適します。オリーブオイルで炒めたり、パスタソースに加えてもよいでしょう。また、ゆでたものをガーリックトーストの上にのせて、オリーブオイルをかけて食べるブルスケッタも美味です。

若いうちに収穫した小さいサイズのものなら苦味が少ないので、サラダに使うことも可能です。

本場であるイタリアのトスカーナ地方では煮込み料理や豆類を入れたスープなどによく使われます。

カーボロネロの旬(出回り時期)

カーボロネロが多く収穫される時期は冬から初春にかけてです。

関連リンク 野菜ブログ

カーボロネロ

これは「黒キャベツ」ともいわれるイタリア野菜の「カーボロネロ」です。キャベツのように結球はせず、葉がちりめ……続きを読む

野菜写真

カーボロネロの写真

野菜写真

現在カーボロネロの写真を8枚掲載中です