ビタミン大根(青長大根) ダイコン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ビタミン大根

    ビタミン大根

  • ビタミン大根

    ビタミン大根

  • ビタミン大根

    ビタミン大根

基礎データ DATA

  • 生い立ち:中国原産

ビタミン大根の特徴

ビタミン大根

「ビタミン大根」は「青長大根」や「青大根」ともいい、皮の大部分が緑色で先端のほうが白くなっている大根です。緑と白のコントラストが美しく、皮が緑色の部分は果肉も緑色に染まっているのが特徴。もともと中国で栽培されていた大根で、やや太めの円筒形をしていて長さは20~25cmほどになります。

シャキッとした歯触りで辛味は少なく甘味があるので、生のままサラダにして食べたり、浅漬けなどにするのがおすすめ。食味がよくビタミンが多いとされることから、近年需要が増えています。

ビタミン大根の見分け方(選び方)

ビタミン大根

果皮がきれいな緑色で、ふっくらとしていて持ったときに重みを感じるものがおすすめです。傷が多いものや葉がしおれて乾燥しているものは避けたほうがよいでしょう。

ビタミン大根の保存方法

新聞紙などで全体を包んで乾燥を防止し、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。カットしたものはラップでしっかり包み冷蔵保存します。

ビタミン大根の食べ方

ビタミン大根は千切りや薄切り、スティックなどにしてサラダで食べるのがおすすめです。甘味があってみずみずしく、シャキッとした食感が楽しめます。

また甘酢漬けや浅漬けにしたり、緑色の部分をすりおろして緑色の大根おろしにしてもよいでしょう。

ビタミン大根の旬(出回り時期)

ビタミン大根の収穫時期は10月から1月頃です。

関連リンク 野菜ブログ

ビタミン大根

緑色の「ビタミン大根」を食べました。これはもともと中国の大根で「支那青大根」とも呼ばれ、名前の通りビタミン……続きを読む

野菜写真

ビタミン大根(青長大根)の写真

野菜写真

現在ビタミン大根(青長大根)の写真を6枚掲載中です