黒にんにく にんにく ニンニク 大蒜

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 黒にんにく

    黒にんにく

基礎データ DATA

  • にんにくを発酵・熟成させたもの

黒にんにくの特徴

黒にんにく

「黒にんにく」は、にんにくを発酵・熟成させたものです。表皮は茶色~褐色で、鱗片(りんぺん)が黒色なのが大きな特徴。甘酸っぱい味わいで、食感はプルーンなどのドライフルーツに似ています。

もともとは白いにんにくですが、じっくりと加熱して熟成発酵させることで黒く変色。特有のにおいは和らぎ、甘味と酸味がアップします。なお、黒にんにくには1片が大きい「ホワイト六片」のほか「八片にんにく」などが使われています。

にんにくはビタミンやミネラル、アリシンなどが多く含まれ、健康によい食材として知られていますが、黒にんにくは発酵・熟成することで、アミノ酸やポリフェノールが増加するといわれます。

黒にんにくの見分け方(選び方)

黒にんにく

黒にんにくは加工メーカーによってサイズや味、香りなどが少しずつ異なります。いくつか試してみて、好みのものを選ぶとよいでしょう。

黒にんにくの保存方法

開封後は冷蔵庫で保存します。量が多い場合は、冷凍することで長期保存が可能です。

黒にんにくの食べ方

黒にんにく

黒にんにくは、ドライフルーツのような感覚でそのまま食べるのが一般的です。また、小さくカットしたものをサラダに入れたり、チーズと一緒にカナッペにトッピングしても合います。冷蔵や冷凍にすると常温とは違った食感が楽しめます。

なお、健康食といわれる黒にんにくですが、胃腸が弱い人には刺激が強い場合もあるので注意してください。1日に1~2片が目安とされます。

黒にんにくの旬(出回り時期)

黒にんにくは1年を通して売られています。

野菜写真

黒にんにくの写真

野菜写真

現在黒にんにくの写真を5枚掲載中です