ベビーコーン とうもろこし トウモロコシ スイートコーン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ベビーコーン

    ベビーコーン

  • ベビーコーン

    ベビーコーン

  • ベビーコーン

    ベビーコーン

  • ベビーコーン

    ベビーコーン

基礎データ DATA

  • 小さいうちに収穫したとうもろこしの幼果

ベビーコーンの特徴

ベビーコーン ベビーコーン

「ベビーコーン」は別名「ヤングコーン」ともいい、成長過程で間引いたスイートコーンの幼果のことです。長さは5~10cm程度で、太さが1cmほどのミニサイズ。やわらかいので芯まで食べられ、ひげ付きの場合はひげも食べることができます。

一般的なとうもろこしに比べると甘味は弱いですが、シャキッとした歯ごたえと特有の風味が味わえます。周年出回っているものの多くはタイなど海外からの輸入品で、初夏には国内産が出回ります。国内産のベビーコーンは、基本的に皮付きの状態で売られています。

ちなみに幼果の状態で間引くのは、1本の株に複数の実がつくと栄養がしっかりと行き渡らず、個々の実が小さくなってしまうからです。

ベビーコーンの選び方(見分け方)

ベビーコーン

皮つきで売られている場合は、皮が乾燥していたり変色したりしていないかをチェック。また、ひげがみずみずしくて、新鮮さを感じさせるものを選びましょう。

皮がむかれた状態のものは、表面がつややかで張りがあり、切り口がきれいなものを選びます。

ベビーコーンの保存方法

乾燥しないように新聞紙で包んだりポリ袋に入れるなどし、冷蔵庫の野菜室で保存。できるだけ早めに使い切ります。

また、ゆでたものをラップで包んで冷蔵または冷凍保存してもOKです。冷蔵は2~3日、冷凍したものは1か月以内に食べきりましょう。

ベビーコーンの食べ方

ベビーコーン

ベビーコーンは炒め物や揚げ物に使うほか、ゆでてサラダにしたり、スープに入れるなどして味わいます。ゆで時間の目安は2~3分くらい。また、輪切りにして炊き込みご飯に入れても美味です。

皮は食べませんが、調理の際は皮ごとゆでたり焼いたりしても問題ありません。また、ひげもやわらかくて甘味があるので、軽くゆでてサラダや和え物に使ったり、汁の実に使うなどして食べましょう。

ベビーコーンの旬(出回り時期)

国内産のベビーコーンが多く出回るのは5月から6月頃です。

関連リンク 野菜ブログ

ヤングコーン(ベビーコーン)

今の時期、たまに見かける国内産の「ヤングコーン」。皮をむいてからゆでたり炒めたりしてもよいですし、皮付きの……続きを読む

野菜写真

ベビーコーンの写真

野菜写真

現在ベビーコーンの写真を20枚掲載中です