はすいも サトイモ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • はすいも

    はすいも

  • はすいも

    はすいも

基礎データ DATA

  • 芋茎(ずいき)の一種

はすいもの特徴

はすいも

「はすいも」は里芋の仲間で「芋茎(ずいき)」の一種です。ずいきとは、里芋の葉柄を食用としたもので、種類や栽培方法によって青ずいきや赤ずいき、白ずいきがあります。

はすいもは緑色なので「青ずいき」に分類され、芋は食用せず長い葉柄(茎)部分だけを利用します。太さは2~4cmくらいで、店頭では長さ20cmくらいに切り分けて販売されていることが多いです。

はすいもの断面には小さな空洞がたくさんあり、スポンジのようになっているのが大きな特徴。見た目よりも軽く、食感はシャキシャキとしています。はすいもそのものの味は淡泊であっさりとしていますが、味がよく染み込むので、酢の物や煮物、炒め物などさまざまな調理に使われます。

おもに高知県や徳島県などで栽培されていて、高知県では「リュウキュウ」とも呼ばれます。

はすいもの見分け方(選び方)

はすいも

皮が明るい緑色でハリがあり、切り口が白くてきれいなものがおすすめです。切り口が茶色く変色しているものは鮮度が落ちています。

はすいもの保存方法

はすいもはあまり日持ちしないので、冷蔵庫で保存してなるべく早く消費することをおすすめします。切り口が変色してきたら、その部分をカットして調理しましょう。

はすいもの食べ方

はすいもは生のまま和え物や酢の物などにするほか、炒め物や煮物など加熱調理にも利用できます。皮をむいて好みの大きさにカットし、水にさらして調理しましょう。皮はフキのように手でスルッとむけます。

生の場合は、スライスしたものを塩もみし、水洗いして絞り、きゅうりやワカメなどと和えたり、サラダなどに使用するとよいでしょう。

加熱する場合は、火を通しすぎるとシャキシャキ感がなくなるので短時間で仕上げるのがポイント。油揚げと一緒に煮たり、味噌汁の具に使用したり、斜め切りにして肉と炒めるなどいろいろな食べ方が楽しめます。

はすいもの旬(出回り時期)

はすいものシーズンは6月頃から10月頃です。

野菜写真

はすいもの写真

野菜写真

現在はすいもの写真を5枚掲載中です