聖護院大根 ダイコン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 聖護院大根

    聖護院大根

  • 聖護院大根

    聖護院大根

  • 聖護院大根

    聖護院大根

基礎データ DATA

  • 生い立ち:江戸時代に誕生

聖護院大根の特徴

聖護院大根

京野菜として有名な「聖護院大根(しょうごいんだいこん)」は、京都を中心におもに関西地方で栽培されている丸形の大根です。直径が18cm前後、重さが1~2kgほどになり、大きくてふっくらと丸い形をしています。

やわらかくてきめ細かく、煮崩れしにくいのが特徴。甘味があり、煮物にするとなめらかな口当たりになります。

聖護院大根はもともと長大根が由来といわれています。江戸時代に左京区聖護院地区において、短くて太いものを選抜していくうちに丸くなっていき、丸大根として定着したそうです。

聖護院大根の見分け方(選び方)

皮に張りがあってきれいな丸みがあり、持ったときにしっかりと重みを感じるものがおすすめです。葉の部分がカットされている場合は、切り口がみずみずしいかどうかもチェックしましょう。

聖護院大根の保存方法

新聞紙で包むかポリ袋に入れるなどして乾燥しないようにします。冬場は冷暗所でもよいですが、気温の高い時期は冷蔵庫の野菜室で保存したほうがよいでしょう。

葉付きの場合は葉の部分を切り落とし、葉はなるべくその日のうちにゆでることをおすすめします。水気をしっかり切り、細かくカットして冷蔵・冷凍しておけば、味噌汁や炒飯などにすぐに使えて便利です。

聖護院大根の食べ方

聖護院大根

おでんや煮物、ふろふき大根、田楽、味噌汁などのほか、千枚漬けや浅漬けにしてもよいでしょう。辛味がないので生のまま細切りにしてサラダにしても美味です。

葉も漬け物や炒め物、味噌汁の具などにして味わえます。

聖護院大根の旬(出回り時期)

聖護院大根のおいしい時期は11月から2月頃です。

野菜写真

聖護院大根の写真

野菜写真

現在聖護院大根の写真を6枚掲載中です