旬の野菜

今が旬の主要野菜は、春キャベツ、新玉ねぎ、レタス、アスパラガス、セロリ、さやえんどう、そらまめ、たけのこ、ふき、みずな、みつば、うど、グリーンピースなどです。下の写真をクリックまたはタップするとその野菜の紹介ページに移動します。

野菜図鑑

野菜図鑑では、さまざまな野菜の歴史や選び方、保存方法、栄養と効能、品種などをまとめています。シーズンごとに野菜を絞り込みたい場合は下のボタンを押してください。

野菜ブログ

登録日:2021年4月18日

シーアスパラガス(サリコルニア)

シーアスパラガス(サリコルニア)

これは、少し前に食べたイスラエル産の「シーアスパラガス」です。海水でも育つ細長い緑色の植物で、長さは3~8cmほど。すらっとしていて途中に節があり、その姿がアスパラガスっぽいことからこの名前で呼ばれています。ちなみにアスパラガスはキジカクシ科で、シーアスパラガスはヒユ科なので分類上は別の植物。個人的には同じヒユ科の「おかひじき」のほうがサイズ感や雰囲気などが似ているかなと思います。

シーアスパラガス(サリコルニア)

シーアスパラガスは歯ごたえがよく、塩気がしっかりとついているのが大きな特徴。かつて海だった土地や海岸線などで育つため、その塩分を吸い上げて、ミネラル豊富な塩味の野菜になるそうです。

シーアスパラガス(サリコルニア)

食べ方としては、生のままサラダに混ぜたり、ゆでて料理の付け合わせにしたり、蒸したり炒めたり、かき揚げにしたりといろいろな調理に使えます。また、もともと塩気があるので、味付けの際に塩をあまり使わずにすむのもポイント。塩気が強く感じる場合は、ゆでたり水に浸けたりして塩分を抜くとよいとのことです。

シーアスパラガス(サリコルニア)

初めて食べるので、まずは水で洗ってそのまま食べてみました。むむ、しょっぱいとまではいきませんが、思っていたよりも塩味が強いです。なので今度は1分ほどさっとゆでて食べてみたところ、気持ち塩分が減ったような、変わらないような……。でも特に苦みやクセがあるわけでもなく、シャキッともコリッともした食感がおもしろいです。これにミニトマトを混ぜてオリーブオイルをかけてみると、おっ、合います。見た目もイタリア料理っぽくておしゃれです。

シーアスパラガス(サリコルニア)

また、かき揚げにもしてみたら、こちらもいい感じのおつまみに。ほどよく塩気があるので何もつける必要はありません。シーアスパラガスの食感と、衣のサクサク感がほどよくマッチします。

シーアスパラガスは珍しい食材ではありますが、輸入食材を取り扱うスーパーなどで入荷されていて、近年注目度がアップしているみたいです。ちなみに和名は「厚岸草(あっけしそう)」といい、イタリアでは「サリコルニア」、イギリスでは「サムファイヤ」、フランスでは「パスピエール」という名前で呼ばれています。

過去のブログを見る

野菜写真

  • べにはるか
  • トスカーナ・バイオレット
  • ピッコラルージュ
  • さぬきのめざめ
  • ベニアズマ
  • 紫やまいも
  • トリニダードスコーピオン
  • チェルシー
  • タアサイ
  • 大鰐温泉もやし
  • べにはるか
  • トスカーナ・バイオレット
  • ピッコラルージュ
  • さぬきのめざめ
  • ベニアズマ
  • 紫やまいも
  • トリニダードスコーピオン
  • チェルシー
  • タアサイ
  • 大鰐温泉もやし

当サイトがこれまで撮影してきた野菜の写真です。 「野菜図鑑」のページでは紹介していない野菜の写真もあります。 現在、9953枚の野菜写真を掲載中です。大きい写真をクリックまたはタップすると、関連する野菜の写真が見られます。

旬カレンダー

旬の野菜(出回り時期)が一目でわかる旬カレンダーです。下の月を押すとその月に多く出回る野菜を確認できます。

野菜統計

国内産野菜の「作付面積」「収穫量」「出荷量」を年ごとに比較できるようにまとめたグラフです。

栄養成分表

野菜の栄養成分をまとめたページです。一覧表のほか、栄養素ごとのランキングもあります。

野菜コラム

野菜にまつわる話を集めたコラム記事です。

野菜ナビとは

野菜のおいしい見分け方や栄養成分、品種による特徴などを紹介する野菜情報ページです。

IE8以下では表示が崩れるので最新のブラウザでご覧ください。

facebook

野菜ナビ

Twitter

野菜ナビ