旬の野菜

今が旬の主要野菜は、冬キャベツ、大根、ねぎ、ブロッコリー、ほうれん草、白菜、カリフラワー、さつまいも、しいたけ、セロリ、みつば、春菊、タアサイ、なばななどです。下の写真をクリックまたはタップするとその野菜の紹介ページに移動します。

野菜図鑑

野菜図鑑では、さまざまな野菜の歴史や選び方、保存方法、栄養と効能、品種などをまとめています。シーズンごとに野菜を絞り込みたい場合は下のボタンを押してください。

野菜ブログ

登録日:2023年1月23日

潮江菜(うしおえな)

潮江菜(うしおえな)

「潮江菜(うしおえな)」という高知県の伝統野菜を入手しました。高知市の潮江地区で古くから雑煮や漬け物などによく使われていた固定種で、葉に切れ込みがあり、軸が白くて長いのが特徴。「水菜」の原種ともいわれているそうですが、水菜よりも軸が太くシャキシャキとした食感で、加熱すると甘味が感じられます。

潮江菜(うしおえな)

じつはこの潮江菜、昭和30年代に一度姿を消して絶滅したと思われていたのですが、2014年(平成26年)に復活を果たしました。復活のきっかけは、地元農家の熊澤秀治氏と、農業高校の教諭だった竹田功氏の巡り合わせによるものです。

潮江菜(うしおえな)

竹田氏は植物学者の牧野富太郎博士に師事し、戦後から土佐の在来種を長年にわたって調査して、それらの種子をきちんと保存をしていました。一方、農家を継いだ熊澤氏は1979年(昭和54年)に潮江菜の存在を知って以来探し求めていましたが、見つけることはできずにいました。

潮江菜(うしおえな)

そして時は流れて2014年(平成26年)。数年前に竹田氏が亡くなり、遺族が種子を託す先を探していたところ、地元紙に載っていた熊澤氏の記事が遺族の目に留まったのです。この縁により、熊澤氏に約50種類の種子が託されることになりました。この中には潮江菜の種子も入っており、ようやく復活させることができたというわけです。託された種子はこのほかに「山内家伝来大根」や「田村蕪」などがあり、これらは牧野富太郎博士にちなんで「牧野野菜」と呼ばれています。

潮江菜(うしおえな)

さて、この潮江菜は葉が約40cmで、葉は濃い緑色をしていて張りがあり、軸もきれいな白色です。食べ方としては煮物、漬け物、炒め物などに幅広く利用できるとのことなので、今回はお浸し、厚揚げの煮浸し、雑煮、中華風炒め物などにしてみました。

お浸しや煮浸し、炒め物は味が染みていて食べやすく、シャキッとした食感が印象的です。また高知の雑煮は里芋とゆでた潮江菜、角餅を使うということなので、それらを使って作ったところ、こちらも存在感があって美味。潮江菜は小松菜やチンゲンサイなどのように使い勝手がよく、幅広いレシピに活用できる野菜だと思いました。

過去のブログを見る

野菜写真

  • タアサイ
  • 宏太郎
  • 四川きゅうり
  • 紅芯大根
  • シェリー
  • ミニトマト(未熟)
  • スイスチャード
  • メークイン(花)
  • 芥藍
  • 紫コールラビ
  • タアサイ
  • 宏太郎
  • 四川きゅうり
  • 紅芯大根
  • シェリー
  • ミニトマト(未熟)
  • スイスチャード
  • メークイン(花)
  • 芥藍
  • 紫コールラビ

当サイトがこれまで撮影してきた野菜の写真です。 「野菜図鑑」のページでは紹介していない野菜の写真もあります。 現在、11886枚の野菜写真を掲載中です。大きい写真をクリックまたはタップすると、関連する野菜の写真が見られます。

旬カレンダー

旬の野菜(出回り時期)が一目でわかる旬カレンダーです。下の月を押すとその月に多く出回る野菜を確認できます。

野菜統計

国内産野菜の「作付面積」「収穫量」「出荷量」を年ごとに比較できるようにまとめたグラフです。

栄養成分表

野菜の栄養成分をまとめたページです。一覧表のほか、栄養素ごとのランキングもあります。

野菜コラム

野菜にまつわる話を集めたコラム記事です。

野菜ナビとは

野菜のおいしい見分け方や栄養成分、品種による特徴などを紹介する野菜情報ページです。

IE8以下では表示が崩れるので最新のブラウザでご覧ください。

facebook

野菜ナビ

Twitter

野菜ナビ