小なす ナス

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 梵天丸(山形系)

    梵天丸(山形系)

  • 梵天丸(山形系)

    梵天丸(山形系)

  • 梵天丸(山形系)

    梵天丸(山形系)

  • 民田なす

    民田なす

  • ごちそうなす

    ごちそうなす

  • ごちそうなす

    ごちそうなす

基礎データ DATA

  • 長さ3~8cmほどで収穫される小さいなす

小なすの特徴

十全なす 梵天丸(山形系) 民田なす

「小なす」は、大きさが3~8cmほどで収穫されるなすの総称です。重さは10~20g程度でおもに漬け物用として栽培されています。丸くてころっとした形のものや、やや長めの卵形のものがあり、果皮は基本的に紫色か黒に近い紫色。ぷっくりと小さくてかわいらしい姿をしてます。

小なすの代表の1つが山形県の在来種「民田(みんでん)」です。山形県庄内地方で江戸時代から栽培されてきたといわれる品種で、果肉が締まっていて果皮はややかため。一夜漬けやからし漬けなどに利用されます。

また山形県には、民田に改良を加えてより多く収穫できるようにした「出羽小茄子」や、米沢市で栽培されていた在来種をもとに育成された「山形系梵天丸」などもあります。山形県では小なすの漬け物(おもにからし漬け)が特産品となっていることから、いろいろな品種が作られています。

新潟県には大阪泉州地方の水なすの系統をくむ「十全なす」があります。「黒十全」や「梨なす」とも呼ばれ、幼果を漬け物にしたものが地元の特産品となっています。

ほかにも漬物用としてF1(一代交配)品種の「ちび丸」も広く栽培されています。こちらは短卵形をしていて皮も果肉もやわらかいのが特徴です。

小なすの見分け方(選び方)

民田なす

実がふっくらとしていて、皮にツヤがありみずみずしさを感じるものを選びましょう。皮に傷やへこみなどがあるものは避けたほうが無難です。丸ごと漬け物にする場合は、小さめのほうが漬かりやすくてよいでしょう。

小なすの保存方法

漬け物に利用することが多い小なすは鮮度が大切です。購入したらできるだけ早く調理しましょう。2~3日保存する場合は、新聞紙で包んで冷暗所に置くか、さらにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

小なすの食べ方

民田なす

小なすの食べ方としては、浅漬けやぬか漬け、からし漬けなどが定番です。切ってから漬け込んでもよいですし、サイズの小さなものは丸ごと漬けてもよいでしょう。短時間で作りたいときは、いちょう切りなどにして、ひと塩してから水分をしぼり調味液に揉み込めば数分で食べられます。

また「黒十全」などやわらかい小なすは、塩もみしてサラダにしたりオリーブオイルをかけて食べるのもよいでしょう。

小なすの小さな姿を生かして、丸ごと素揚げにしたり天ぷらにするのもおすすめです。そのまま油に入れると破裂してしまうこともあるので、縦に何本か切れ目を入れてから調理します。こうすることで、火の通りもよくなります。

小なすの旬(出回り時期)

小なすは周年出回っていますが、最も流通量が多いのは8月で、この頃がシーズンです。

参考:東京都中央卸売市場

野菜写真

小なすの写真

野菜写真

現在小なすの写真を38枚掲載中です