恵味(めぐみ) とうもろこし トウモロコシ スイートコーン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 恵味ゴールド

    恵味ゴールド

  • 恵味86

    恵味86

基礎データ DATA

  • 生い立ち:清水種苗が育成

恵味(めぐみ)の特徴

恵味 恵味86 恵味ゴールド

「恵味(めぐみ)」は、長野県の清水種苗株式会社が育成したイエロー系のスイートコーンです。黄色い粒はつやつやとしていて、粒の詰まりが良好。皮がやわらかくジューシーで、糖度が高いのが魅力です。また、サイズが大きめでボリュームがあり、1本の重さは450gくらいになります。

恵味のシリーズには、スタンダードな「Sweets恵味86」のほか、低温にも適応する「Sweets恵味スター」や「Sweets恵味キュートST」、高温に強い「Sweets恵味スマイル」などがあります。幅広い地域で栽培でき、5月頃から9月頃まで長期にわたって出荷されます。

恵味(めぐみ)の見分け方(選び方)

恵味

とうもろこしは熟すとひげが茶色くなるので、皮つきのものはひげが濃い茶色でボリュームのあるものがおすすめ。粒の数とひげの本数は同じなので、粒が多いものはひげがふさふさとしています。

また、皮がきれいな緑色で切り口が変色しておらず、持ったときに重みを感じるかどうかも確認しましょう。

皮がむかれているものは、粒がふっくらと充実していてツヤがあり、ぎっしりと詰まっているものを選びます。

恵味(めぐみ)の保存方法

とうもろこしは時間の経過とともにみずみずしさや甘味が低下していきます。ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存して、できるだけ早く食べるようにしましょう。

すぐに食べられない場合は、ゆでたものをラップで包んで冷蔵しておくとよいでしょう。2~3日が保存の目安です。より長く保存したいなら冷凍庫へ。冷凍する場合は3cmほどの輪切りにしておくと使うときに便利です。

恵味(めぐみ)の食べ方

恵味は普通にゆでて食べるほか、蒸したり焼きとうもろこしにしてもおいしく食べられます。ゆでるなら3分くらい、蒸すなら5分くらいを目安に。

手間をかけたくないなら、電子レンジで加熱してもよいでしょう。皮付きならそのまま加熱してOKです。皮をむいたものはさっと水にくぐらせてラップで包んで5分ほど加熱します。どちらも加熱後は水分が飛ばないよう、粗熱が取れるまでしばらく置いてから食べましょう。

恵味(めぐみ)の旬(出回り時期)

恵味が多く出回るのは5月頃から9月頃です。

野菜写真

恵味(めぐみ)の写真

野菜写真

現在恵味(めぐみ)の写真を8枚掲載中です