モロッコいんげん さやいんげん サヤインゲン

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • モロッコいんげん

    モロッコいんげん

基礎データ DATA

  • マメ科インゲンマメ属の平ざやのさやいんげん

モロッコいんげんの特徴

モロッコいんげん

「モロッコいんげん」は、未熟な豆をさやごと食べる「さやいんげん」の仲間です。さやが平べったい形をしていて、サイズが大きいのが特徴。長さは15~20cmほどで、幅は1.5~2cmくらいになります。

サイズが大きいのでかたそうに見えますが、スジが入らず、ゆでるとやわらかくなります。シャキシャキとした食感で特有の甘味があり、炒め物や揚げ物にしても美味。7月から9月頃に多く出回る夏野菜で、施設栽培されたものは周年を通して出荷されます。

モロッコいんげんはもともと地中海沿岸地域で食べられていて、日本へは1976年(昭和51年)頃に導入。タキイ種苗よりこの名前で販売されています。

モロッコいんげんの見分け方(選び方)

表面に張りがあり、色鮮やかでみずみずしいものを選びましょう。さやが黄色っぽくなっているものや、傷が多いものは避けたほうが無難です。

モロッコいんげんは収穫が遅れてもかたくなりにくい性質ですが、適期に収穫されたものは食感がよいので、さやの内側の豆がなるべく小さいものがおすすめです。

モロッコいんげんの保存方法

新聞紙で包んでポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するとよいでしょう。古くなると食感が悪くなるので2~3日を目安に食べきります。

消費しきれない場合は、かためにゆでで冷凍しておく1か月ほど持ちます。

モロッコいんげんの食べ方

モロッコいんげんは和え物や炒め物、てんぷら、サラダ、パスタ、スープなど、いろいろな料理に使える万能野菜です。スジがほとんどないので、下ごしらえは両端を切り落とすだけでOK。下ゆでする場合は、多めのお湯を沸騰させて、短時間で塩ゆですると色よく仕上がります。

モロッコいんげんの旬(出回り時期)

モロッコいんげんが多く出荷される時期は7月から9月頃です。

関連リンク 野菜ブログ

モロッコインゲン

平べったくて長めのいんげん「モロッコインゲン」を購入しました。初めて食べたのですが、クセがなく、味は普通の……続きを読む

野菜写真

モロッコいんげんの写真

野菜写真

現在モロッコいんげんの写真を3枚掲載中です