トマト ベネチアンサンセット

ベネチアンサンセット

ベネチアンサンセット

これは「ベネチアンサンセット」というトマトです。「プチポンロッソ」や「ピッコラルージュ」などのトマトを開発している「マウロの地中海トマト」シリーズの1つで、果皮に縞模様が出るのが特徴です。サイズは40~50gほどで、未熟の状態では緑色、ほどよく熟すとオレンジと緑、完熟後はオレンジと赤のストライプになります。

紹介文によると、果皮が赤くなったものは中をくり抜いて器として使ってもよし、緑色のものはシャキッとした食感のサラダにしてもよしとのこと。

今回購入したパックには、赤が1つと緑が4つ入っていたので、まずは赤と緑を1つずつサラダにしてみました。赤いものは肉厚でゼリーが多く、ほどよい甘味とやさしい酸味がありトマトらしい濃い風味。しかし、緑色のものは未熟すぎたようでかたく、シャキっというよりもガリっとした歯ごたえで、甘味もなく青臭さがかなり残っていました。

なので、残りの3個は常温でしばらく放置して追熟させてみることに。しかし、3~4日経ってもまったく色が変わりません。業を煮やし、試しに2個をトマトと卵の炒め物に使ってみたところ、まだ青臭さが残っていてこれまた失敗……。やけっぱちで最後の1個をさらに放置していたら、8日目くらいから赤くなり始め、10日後には完全に赤くなりました。結局、最初に食べた赤いトマトと同じ味になりましたが、緑色のトマトとしては特徴を生かせずじまいでした。

登録日:2017年3月25日

カテゴリー:トマト