その他の野菜 いたどり

いたどり

いたどり

「いたどり」という山菜を購入しました。地域によっては「イタンポ」や「スカンポ」などとも呼ばれるそうです。調べてみると、いたどりはタデ科の多年草で、春から初夏に若い茎を食用にするとのこと。成長してしまうと、ただの雑草として扱われるようです。

このいたどりは長さが約20cm。見た目は太いアスパラガスのような感じで、タケノコのようにいくつか節があり、中は空洞です。生のままだと酸味が強く、シュウ酸を含むため、アク抜きをする必要があります。食べ方としては、炒め物や和え物などにするほか、穂先はそのまま天ぷらにしてもおいしいようです。

今回は皮をむいてさっとゆでてから一晩水に浸けてアク抜きをし、炒め煮にしてみました。苦味やクセは全く感じず、やわらかいタケノコのようなコリっとした食感で美味。アク抜きが少し面倒でしたがおいしい山菜が楽しめました。

登録日:2016年5月9日

カテゴリー:その他の野菜