かぼちゃ 勝間南瓜

勝間南瓜

勝間南瓜

先日、大阪府産の「勝間南瓜(こつまなんきん)」を食べました。なにわの伝統野菜のひとつで、溝が深くてゴツゴツとしているのが特徴。現在主流の西洋かぼちゃはホクホクとした食感ですが、勝間南瓜は日本かぼちゃのなので粘質であっさりとした味わいです。また、皮は熟すにつれて緑色から赤茶色になっていきます。

この勝間南瓜は果皮が赤茶色で、果肉は濃いオレンジ色をしていて十分に熟している様子。煮物にしてみたところ、思っていたよりも火の通りがよくて、すぐにやわらかくなりました。加熱しすぎたかと心配しましたが煮崩れることはなく、ねっとりとした口当たりでほんのり甘く、特有の風味があります。

ちなみに皮を1割程度残してみたのですが、果肉がソフトな分、皮のかたさが少し気になりました。食べられないことはありませんでしたが、果肉だけのほうが食感はよかったです。また、薄めにスライスして素揚げと天ぷらにも挑戦。サクッとした食感が加わったことで、煮物とは違う味わいになり、こちらもおいしくいただきました。

登録日:2017年12月3日

カテゴリー:カボチャ