きゅうり 馬込半白節成胡瓜

馬込半白節成胡瓜

馬込半白節成胡瓜

これは先日購入した「馬込半白節成胡瓜(まごめはんじろふしなりきゅうり)」です。明治時代から東京都大田区の馬込地域で栽培されているきゅうりで、緑と白のグラデーションになっているのが特徴。やわらかくて食味がよく、おもに漬け物に向いています。

ただ、皮の白い部分が黄色くなりやすく、日持ちもあまりよくないため、昭和中期頃から生産量が減少し、ほとんど出回っていませんでした。しかし江戸東京野菜として認定されたこともあり、デパ地下や一部のスーパーなどで見かけるようになりました。

この馬込半白きゅうりも白い部分が少し黄色っぽくなっていましたが、イボは比較的ピンとしていて重量感もあり、果皮の色合いがとてもきれいです。スライスして生のまま食べてみると、パリッとした食感で水分が豊富。ぬか漬けも食感がやわらかいのにしっかりと歯ごたえもありとてもおいしかったです。

登録日:2017年7月22日

カテゴリー:キュウリ