やまのいも 宇宙芋(エアーポテト)

宇宙芋(エアーポテト)

宇宙芋(エアーポテト)

これは「宇宙芋(エアーポテト)」です。芋といってもじゃがいもなどとは違って「むかご」になります。むかごとは、やまのいもの葉の付け根にできる小さな芋のようなもの。宇宙芋は「カシュウイモ」というやまのいものむかごになるそうです。

宇宙芋はゴーヤのように「緑のカーテン」にも利用され、10月頃になるとむかごがたくさんつきます。それらが空中にぶらさがっている様子からエアーポテト、またその姿形が隕石のように見えることから宇宙芋とも呼ばれているとのこと。サイズは5cmくらいのものから手のひらサイズの大きなものまであるようですが、今回のものは6~8cmほどで、かたくて重みもあります。

レシピを調べてみると、ゆでてサラダやソテー、天ぷら、唐揚げ、炊き込みご飯などいろいろな食べ方がありました。自然薯みたいにすりおろしたものをフワッと揚げてもおいしいようです。今回は一口大にカットして電子レンジで加熱し、パン粉をつけてイモフライにしてみました。ホクホクとしてほんのり粘り気があり、じゃがいものようなさつまいものような食感です。ただ、ほんのりアクっぽい感じが残っていたので、お湯でゆでてアク抜きをしたほうがよかったかもしれません。

また、2個ばかりすりおろしてフワフワ揚げにも挑戦。すると、すりおろしたそばから黄色が茶色に変わり、油であげると鶏の唐揚げのような見た目になりました。すりおろすのがちょっと手間でしたが、風味と食感は悪くなかったです。

登録日:2016年11月14日

カテゴリー:ヤマノイモ