ごぼう 越前白茎ごぼう(葉ごぼう)

越前白茎ごぼう(葉ごぼう)

越前白茎ごぼう(葉ごぼう)

これは福井県の伝統野菜「越前白茎ごぼう(葉ごぼう)」です。小さな根から長い軸(葉柄)、葉まで食べられるのが特徴で、4月から5月が旬。1か月ほど前に大阪府八尾市の「八尾若ごぼう」を食べたのですが(その時の感想はこちら)、それと同じ系統になります。

この越前白茎ごぼうは、葉から根の先までの長さが80cm弱。軸はピンとしていてきれいな緑色、葉は手のひらほどの大きさです。八尾若ごぼうのときと同じく今回も軸と根をかき揚げ、きんぴらにして食べました。

軸は細めの斜め切りにして、水に浸けてアク抜きをしてから調理。かき揚げはサクッと歯ごたえがよく、ふんわりと葉ごぼうの香りもして美味です。きんぴらもシャキシャキ感が心地よくてご飯も進み、クセになる味わいでした。

登録日:2017年5月9日

カテゴリー:ゴボウ