玉ねぎ Dr.ピルシー

Dr.ピルシー

Dr.ピルシー

これは「Dr.ピルシー(ドクターピルシー)」という玉ねぎです。変わった名前ですが、タキイ種苗が育成した品種で、一般的な玉ねぎに比べて辛味が少ないのが特徴。生のまま食べてもあまり辛味を感じず、サラダやオニオンスライスなどに最適だそうです。

玉ねぎの辛味にはピルビン酸という成分が影響していて、ピルビン酸の生成量が高いと辛味を強く感じ、低いと辛味がおだやかになります。Dr.ピルシーはピルビン酸の生成量が低いため、水にさらさなくても辛味がおだやかで食べやすいとのこと。

早速、購入したDr.ピルシーをスライスしてサラダにのせて食べてみました。なるほど、普通の玉ねぎよりは辛味は少ない気がします。まったく辛味がないわけではありませんが、栄養を流出させないよう水にさらさず食べたいときに便利ですね。

もちろん加熱調理にも利用できます。スープやシチュー、野菜炒めにも使用したら普通の玉ねぎ同様、加熱することで甘味が出ておいしかったです。なお、出荷時期は8月中旬頃から12月頃となっています。

登録日:2018年11月1日

カテゴリー:タマネギ