セロリ コーネル619

登録日:2020年12月27日

コーネル619

コーネル619

今年の冬は野菜がとても安いので、生産者の方には申し訳なく思いつつもありがたく大量消費させていただいています。そしてこのセロリも少量カットの値段かと思うほどお買い得価格で売られていたので、これまたありがたく購入させていただきました。

コーネル619

これは静岡県産の「コーネル619」という品種。国内で流通しているセロリの大半を占める主要品種で、香りおだやかで食べやすいのが特徴です。セロリには「緑色種」や「白色種」などがありますが、コーネル619は緑色種と黄色種両方の特徴を合わせ持つ「中間種」。茎の部分(葉柄)が黄緑色で太く、繊維はそれほど多くありません。

コーネル619

今回入手したコーネル619は株がしっかりとしていて、手に持つとずっしりと重みがありました。葉柄も張りがありきれいな黄緑色。葉もしおれておらず、セロリ特有の芳香がして鮮度のよさを感じます。

コーネル619

さてさて、こんなに大量にあるので食べ放題です。葉柄の表面のスジを包丁でスッと削ぎ、野菜スティックにしてマヨネーズをつけて食べたり、削ぎ切りにしてツナと和えてみたり、キャベツとトマトとスープにしたり、ミートソースに入れたりと、いろいろな食べ方で楽しみました。

コーネル619

香りがやさしくさわやかで、シャキッとした歯ごたえとみずみずしさがあり、生のまま盛り盛り食べられます。またツナマヨ和えはトーストに載せてオーブンで焼けば素敵なランチに。4~5日かけて存分に味わうことができました。

過去のブログを見る

    セロリの並び順で見る